株式会社 谷元工務店

  • お電話・FAXでのお問い合わせ
    電話:075-311-3626 FAX:075-321-6653
  • Eメールでのお問い合わせ

近況報告ブログ 谷元だより 今日も谷元工務店は地元をベースに東へ西へ。お客様と感動を共有するため、地道にがんばります。大きな視野と細部を見つめる目を大切に。

新着

カテゴリー

月別バックナンバー

記事の検索

記事の自動配信

新着の記事を受け取る(RSS)
2020年11月09日

定礎ってなんですか???

カテゴリー:
家を知る建築用語
こんにちは!!

ここ京都も、ぼちぼち北の方から、紅葉の便りが届きはじめていますが、
みなさんはいかがお過ごしですか?

今日は、久しぶりに建築用語といいますか、建築の慣例をご紹介しましょう。

マンションやビルのエントランスなどで、
いつも何気な~く素通りしてしまっているとも思うのですが、
御影石や金属製のプレートに「定礎」って掘り込まれたり
印字されたりのものが、壁の一部に埋め込まれてたり、
石碑として立っていたりするのを見かける事も多いと思います。

119044377_335500174556355_1038023228679214527_n.jpg












あれって、なに??って思いません?

まず、なんて読むの?? 「じょうせき」??「じょうそ」??・・・。

答えは、「ていそ」と読みます。

では、何の為に埋め込まれているの?

はい、これも解説いたしますと、
直訳では
「建築の着工に際し、礎石を据えること。」となっています。
言い換えると、建築の最初の工程を始める=工事をスタートすること。
という意味合いで、使われているのですが、
現在の現場では、ほとんどが、工事が完成したときに建物の一部に埋め込み
定礎という文字の下に、竣工日(工事完成日)を印字することに使われています。

つまり、すべての工事の工程が完了し、工事が無事終わったタイミングで、
この定礎を埋め込み、完成した証にされるのに使われているようです。

ちなみに、この定礎のプレート等の、裏側には、
建設時に使った図面や、社会の動静が分かる新聞や雑誌、現在流通している硬貨や紙幣を
箱のような入れ物の中に一緒に詰めて、埋め込まれている所も多いみたいです。

ただ、容易に開け閉め等はできないので、この箱が明るみに出るのは、
ビルやマンションを取り壊すときか、壊れたときだけです。

なんだか、小学生や中学生の時に埋めたタイムカプセルみたいですね。

皆さんも、ビルやマンションに埋め込まれている定礎の裏にある「ハコ」を想像しながら
眺めてみてはいかがでしょうか?
2020年10月20日

湖岸緑地 帰帆島キャンプ2日目!! 久しぶりの休日の過ごし方更新です!

カテゴリー:
休日の過ごし方
前回のキャンプ一日目に続きまして、
今回は、二日目です。

朝、琵琶湖で釣りをしている人の話し声で目を覚ます。
時計を見ると6時ごろでした。

こういう「外」の遊びは、
朝は早いと相場が決まっているので、
その話し声や、子どもたちの遊び声などで目を覚ましても
イライラもしないし、よい目覚まし時計代わりだ、くらいに思えるのも不思議なものだ。

テントから出ると、さわやかな朝の空気が、身を包む。

おもむろに、コンロで水を沸かしだす。
そう朝のコーヒー。

とても贅沢な時間。
ゆったりとした中で、淹れたてのコーヒーを飲むのが、大好きです。
傍らで、焚き火を熾しながら・・・。やめられませんね。

IMG_6704.jpg












そして、しばらくすると娘も起きてきて、
簡単に、レトルト食品で朝ごはんをすませ、
本日のメインイベントでもある、
ここから、自転車で5分くらいのところにある
矢橋帰帆島公園という、大きな滑り台とか
ロープのジャングルジムがある公園に向かう!

なにしろ、自転車で5分
早朝から遊びに行く醍醐味!

一般の子どもたちなら、早くても9時ごろからしか
遊びに来ない時間帯!

つまり!

か・し・き・り!!

だ~れもいません
遊び放題、滑り放題
↓↓↓こんな感じ ほぼ無人!
IMG_6990 (1).jpg














お昼になると、この滑り台も、並ばないと遊べません・・・。
↓上り放題!!!
IMG_6998 (1).jpg




















この遊具も、お昼には、たくさんの子ども達が登ってきます。

なにしろ、新型コロナ過ですから、
ソーシャルディスタンスです。
究極のソーシャルディスタンス!!

↓こーんなひろい公園を独り占めできちゃうんです(笑)
IMG_7007.jpg












IMG_7003 (1).jpg













一通りあそんでもまだ9時ごろ。

ぼちぼち、車で来られるファミリーが、増えてきたところで、
私達は、芝生広場に移動します。

IMG_6709.jpg













公園の奥にある芝生広場

朝、公園にきたファミリーは、みな遊具で遊ぶので、
奥の芝生広場は、こんな状態で、ここも貸切・・・。

でも広すぎる・・・。
使い切れない、ね。

ボール遊びや、フリスビーをめいっぱい楽しんで、っと。

くたくたになってきたので、
退散しまーす。

↓琵琶湖沿いの、こんな道を5分ほど走ると
テントを建ててるサイトに繋がっています。
IMG_6865.jpg












やっぱりこの湖岸緑地 帰帆島
むちゃお気に入りになりました。

車が走ってる道路を走らなくても、
公園と繋がってるし、
自転車で走ってるだけで気持ちいいし、

テントサイト(我が家)に5分程で帰れるので、
とても安心です。

ほどよく疲れたので、
テントに戻って
ハンモックに揺られたり
琵琶湖を眺めたり、自由にすごして
さらに満喫します。

あまり、ぎちぎちに計画を立てずに
時間に余裕をもって、遊ぶのも
ゆったりした、テント生活を送る秘訣で、
魅力の一つですね。

それから、
もうひとつ!!
この湖岸緑地 帰帆島の良い点は、
イオンモール草津も、自転車で10分くらいの所にある点です。

買出しも、キャンプの忘れ物なども、
なーんでもそろってますので、
超便利!!!

おまけに、イオンモール草津の敷地内に
スーパー銭湯草津湯元水春 まであるんですから、
困ることが全くありません。


自転車にかごがないので
買出しにはリュック持参です・・・。
登山するみたいな格好で、ちょっと恥ずかしかったですが、
あまりにも場違いな格好だったんで、
うしろから、娘に撮られちゃいました。
「滑稽や!」やって(笑)
ちゅうか、おまえのデザートとか入れるためにリュックなんやぞって、ね。
ちょっとぷんぷんしちゃいました。
夕食の食材や、夜のお楽しみデザートや、ワタクシのビールのおつまみや
あれやこれや、です。
↓↓↓
IMG_6689.jpg
IMG_6975.jpg




















お風呂セットを詰め込んでるのと、
デザート三昧と(^^)
そりゃ、リュックもいっぱいになるわな・・・。
買いすぎや!!


そして文面にちょくちょく出てくる自転車。
これが、今回のキャンプで最高にいい仕事をしてくれてるのですが、
車に積み込むと、こんな感じです。↓↓↓
IMG_6686 (1).jpg




























こいつも、いい仕事してれます。
車のリヤスペースには、二人用のキャンプ用品とはいえ、
そこそこ荷物が載っているので、車内には積んでいけないし、
ってことで、外にぶら下げてもって行きました。

こいつの注意点は、コンビニや道の駅などの駐車場に
バックで止める時、後ろが出張っているので
バックし過ぎないこと!
あと、取り付けの際には、メーカー推奨の適合車種を要確認!
ちなみに、この自車は、本来は不適合・・・。
リヤゲートの鉄板が薄く自転車を積載すると荷重でアームがボディーを押し込み
へこむらしい・・・。
あと、リアスポイラー(ウイング・羽みたいなバーツ)装着車も不適合・・・。
全然あかんやん・・・。

ボディーが歪んだり、リアスポイラーが折れたりしても自己責任ちゅうことで。
固定する爪(金物)は、二台積むくらいなら、しっかり耐える強度があるので、
問題ないかと。
道中、休憩する時には、必ず固定状態は確認してますが、ね。

だって、乗り換える前の車は、適合してたんで、
捨てるのもったいなし、取付できない訳ではないので、
そのまま使ってます。

説明はこれくらいにして、

夕方早めに、銭湯に行って
ここでもゆっくり浸かって、休日を満喫します。
4年生の娘も、女風呂に一人で入るの初めてで、
入る前は少し緊張してましたが、
更衣室まで一旦一人ではいって、
ロッカーなどの使い方を、一通りチェックさせて
入り口まで戻ってこさして、一人で使えそうとのことなので、

「どれくらい入る?」

って聞いたら、90分!!やって。

数分前までの、緊張した状態はどこへ行ったのやら・・・。

ま、三井も久しぶりの一人時間、ゆっくりさせてもらいえるし
90分を快諾し、いろんな種類のお風呂を
楽しむことができました・・・。ちゅうか、90分は長すぎやわ・・・。
大人の三井でも時間持て余してしまいました・・。
でも娘も満喫できたようです。良かった良かった。

そして、テントに戻って
夕食と焚き火と、恒例のデザートタイムとを愉しみました。

娘との時間も最高です。
贅沢な時間です。
至福の時間です。

やめられませんね。










2020年10月17日

湖岸緑地 帰帆島キャンプ1日目!! 久しぶりの休日の過ごし方更新です!

カテゴリー:
休日の過ごし方
暑い日もいつのことやら、かなり涼しくなってきましたが、
みなさん、朝起きるとき、布団からバサッと出れてますか?

さて、こんな秋晴れでいい天気の時には、
自転車に、キャンプに、公園にと、アウトドアがしたくてうずうずしてくる三井です・・・。

そんななか、先日行ってきましたよ。
長男と長女はもう自分の勉強やクラブで忙しくて、
休日も融通が利かなくなって来てるので、
今回は、次女と二人でこじんまりキャンプをすることに。

しかも、急遽行くことに決まったので、
キャンプ場も予約も取ってなかったので、

予約なし、無料、いつでもいける場所を選ぶことに。

で、見つけたのが、琵琶湖!!
草津イオンの近く、矢橋帰帆島公園の裏
湖岸緑地 帰帆島 と言う、公園に行くことに。

ここは、かなりの穴場!

基本的には、琵琶湖沿いの公園で、
のんびり散歩とか、芝生で遊ぶところ。

で、この公園の特徴は、BBQが禁止ではない、と言うところ。
ルールとしては、ゴミは全部持ち帰り、それだけ。

駐車場無料、利用料無料、一応テント張りもOK、
焚き火も、焚き火台やコンロの上でならOK。

二人なので、荷物も少ないし、
時間も余裕があるので、
本当にゆっくりのんびりです。

娘もゆったりハンモックにのったり、
コット(簡易ベッド)に寝転がったり、
テント設営中も自由に過ごしています。

どんなところかは、写真を見てもらいましょう。

IMG_6846.jpg










IMG_6787.jpg

































目の前琵琶湖、対岸には浜大津の街並み、
芝生の公園は、半ばフリーサイトのような、ゆったりしたスペース。

ひとつ難点と言えば、駐車場から、テントを建てようとするスペースまでは、
荷物は手運びになるので、その点だけ。

一度テントも設置してしまえば、なんてことはありません。


IMG_6813.jpg

































今回はお座敷スタイルで
キッチンの向こうに琵琶湖が見えるようにレイアウト!

夕飯は、簡単にレトルトカレーと、サトウの御飯
お湯で温めている間に、日が落ちてきまして、

↓こんな空に!!!
IMG_6817.jpg

















ええ空色、夕日がきれいで、
景色は最高。



そして、夜景を見ながら、焚き火とビール!!
至福の時ですね(^^)
IMG_6979.jpg
IMG_6694.jpg



















































夜も更けてきたので
おやすみします。

次回は、矢橋帰帆島公園の様子を
お送りします!!








最新の記事 前の記事 1  2  3  4  5  6  7 最も古い記事
ページの上に戻る

お電話でのお問い合わせは10時から18時まで、E-mail・FAXは24時間受け付けております。

〒604-8832
京都市中京区壬生下溝町36
株式会社 谷元工務店
Copyright (C) 谷元工務店. All Rights Reserved.